「神様のカルテ2021」大島優子さんのプロフィール!「本庄病院」病棟主任看護師・東西直美 役

神様のカルテ
テレビ東京「神様のカルテ」

「神様のカルテ2021」ですが、テレビ東京で、2月15日(月)夜8時にスタートします。


今回は、ドラマ「神様のカルテ」の大島優子さんのプロフィールを紹介します。


「神様のカルテ2021」大島優子さんのプロフィール!を紹介

大島優子さんのプロフィールを紹介して行きます。


誕生日と所属

大島 優子さん

(おおしま ゆうこ)さんは、

1988年10月17日生まれの

日本の女優で、



女性アイドルグループ・

AKB48の元メンバーである。



本名同じ。栃木県出身。


太田プロダクション所属。


略歴

子役・ジュニアアイドル時代(ソロ活動第1期)



1996年、

母親の薦めでセントラル

子供劇団に所属し、

子役として芸能活動を開始する。



2000年ごろから

ジュニアアイドルとして活動し、

2005年にはTHE ALFEEの


高見沢俊彦がサウンド・

プロデュースした総勢25人の

ジュニアアイドルユニット

「Doll’s Vox」に所属していた。



子役時代も含めると

芸歴はおよそ20年以上となる。


AKB48時代の大島優子(2010年7月1日)


AKB48時代
2006年

2月26日に『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格した。



4月1日、AKB48劇場でのチームK初日公演において公演デビューをした。



2007年

1月、アニメOVAシリーズ『ICE〈劇場版〉』で初めて声優を務めた。



7月、前田敦子や小野恵令奈とともに太田プロダクションに移籍した。



12月、AKB48として『第58回NHK紅白歌合戦』に初出場した。



2008年

6月30日、『弁護士 一之瀬凛子シリーズ』(TBS)に出演。



2009年

3月21日公開の映画『テケテケ』で映画初主演を務める。



4月11日、

『AKB48 チームK 5th Stage

「逆上がり」』公演の初日に喉の

手術をすることを発表し、



同月13日に手術を終え、

同月20日に退院する。



同月25日・26日にNHKホールで

開催されたコンサート『「神公演予定」

にMCのみではあるが、手術後初めて

公の場に姿を見せる。




6月から7月にかけて実施された

『AKB48 13thシングル 選抜総選挙

「神様に誓ってガチです」』では

2位となり、メディア選抜入りする。



9月15日、アメーバブログにて

「大島優子オフィシャルブログ『ゆうらり ゆうこ』」をスタート。



2010年

1月 – 3月、『マジすか学園』(テレビ東京)に同名役で出演。



5月から6月にかけて実施された

『AKB48 17thシングル 選抜総選挙

「母さんに誓って、ガチです」』では1位となり、

メディア選抜入りする。



速報、中間発表の時点では

2位であったが、最後に逆転する。



マニフェストを決めるにあたり、

「1位なら丸坊主」も考えたが、

所属事務所からNGが出たため幻となる。



そのため「劇場のトイレ掃除」

というマニフェストを掲げて選挙に臨む。



9月21日、「AKB48 19thシングル

選抜じゃんけん大会」で1回戦敗退。



10月 – 12月、『霊能力者 小田霧響子の嘘』(テレビ朝日)にレギュラー出演。



11月10日、DVD『君は、僕のもの』をリリース。



2011年
1月21日に開催された

『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト100 2011』2日目公演のアンコールにおいて、



北原里英、指原莉乃、横山由依とともに新ユニット「Not yet」を結成することが発表され、



デビューシングル曲「週末Not yet」を披露する。



2月24日より、AKB48オフィシャルショップ香港において



「大島優子フェスティバル」開催。



2011年の「NHK春の新番組」の魅力を伝える


「チームぴちぴちNHK」を、他の8人のAKB48メンバーとともに結成。


3月中旬から4月中旬までの限定活動であった。



ミニ番組やポスターなどに登場する。



5月から6月にかけて実施された

『AKB48 22ndシングル 選抜総選挙

「今年もガチです」』では2位となり、

メディア選抜入りする。



速報の時点では1位であったが、最後に逆転される。



9月20日、「AKB48 24thシングル選抜じゃんけん大会」で2回戦敗退。



9月30日、期間限定で開設された

マダム・タッソ-東京

(港区台場・デックス東京ビーチ)

で大島の等身大の蝋人形が

製造、展示される。



2011年10月時点で、展示されている日本人の人形は、大島と坂本龍一、葉加瀬太郎の3人のみ。



10月 – 12月、月9ドラマ『私が恋愛できない理由』(フジテレビ)にレギュラー出演。



12月8日、ニホンモニターによる「2011年タレントCM起用社数ランキング」で、



女性タレント最多となる19社のCMに起用されたと発表される。



2012年
4月 – 6月、『カエルの王女さま』(フジテレビ)にレギュラー出演。



5月から6月にかけて実施された『AKB48 27thシングル 選抜総選挙』では、



2年ぶりの1位となり、選抜メンバーになる。



8月24日、『AKB48 in TOKYO DOME 〜1830mの夢〜』初日公演において、



チームKキャプテンに就任することが発表される。



9月18日、『AKB48 29thシングル選抜じゃんけん大会』において



披露された10月31日リリースの28thシングル「UZA」で、



松井珠理奈とともにダブルセンターを務めることが発表される。



じゃんけんの結果は3回戦敗退。



11月1日、チームKキャプテンに就任。



2013年

5月から6月にかけて実施された

『AKB48 32ndシングル 選抜総選挙』では2位となり、

選抜メンバーになる。



9月18日、「AKB48 34thシングル選抜じゃんけん大会」で1回戦敗退。



10月 – 12月、『安堂ロイド〜A.I. knows LOVE?〜』(TBS)にレギュラー出演。



12月31日、『第64回NHK紅白歌合戦』においてAKB48を卒業することを発表する。



2014年
3月30日に国立競技場で開催される予定であった


『AKB48単独&グループ 春コン in 国立競技場〜思い出は全部ここに捨てていけ!〜』の



AKB48グループの公演において、卒業セレモニーが予定されていたが、



荒天のため公演自体が中止となる。





代替コンサートは、6月8日に味の素スタジアムで開催されることが決定し、



当日は約7万人の観衆を集めて約4時間のライブが開催される。



6月9日、AKB48劇場で開催された『大島優子卒業公演』をもってAKB48を卒業した。



AKB48卒業後(ソロ活動第2期)



2014年
10月15日の更新を最後にオフィシャルブログ『ゆうらり ゆうこ』を終了。



開設から約5年、読者数は約18万7000人であった。



その後、公式サイトで会員限定のブログを開始する。



2015年
1月 – 3月、『銭の戦争』(関西テレビ)にレギュラー出演。



1月、2014年に公開された映画『紙の月』で第38回日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞する。



4月 – 6月、『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』(TBS)で連続ドラマ初主演。



それに先立ち3月14日、同ドラマの役作りのため、髪をカットし黒髪にイメチェンした姿をInstagramで公開する。



10月、『No.9 -不滅の旋律-』で、初めて本格的な舞台に出演。



2016年

3月、

連続テレビ小説『あさが来た』

(NHK)最終週に平塚明

(のちの平塚らいてう)役で出演し、

NHK連続テレビ小説に初出演。



2017年

1月 – 3月、『東京タラレバ娘』(日本テレビ)にレギュラー出演。



7月、芸能活動を一時休業して日本国外へ行くと一部で報道されたが、所属事務所は本人の希望により「見聞を広げるため」と一時休業を否定した。




8月 – 、アメリカへ1年余り語学留学し、オレゴン州ポートランドにてホームステイする。



9月、8月から1年の予定で語学とエンターテインメントを学ぶためニューヨークに渡航したことが、報じられた。



帰国後のインタビューでエンターテインメントを勉強しに行ったわけではなく、語学留学であり、留学先はニューヨークではなくカレッジに通い、英語漬けの毎日を送っていたことを明かしている。




2018年

10月22日、

留学からの帰国を

インスタグラムで報告した。



11月8日、

自身が出演するスマホ向け

ゲーム『ファントム オブ キル』の

新テレビCM発表会に出席し、

帰国後初めて1年ぶりに公の場に登場した。



2019年

1月から2月にかけて舞台『罪と罰』にソーニャ役で出演。



9月 – 、連続テレビ小説

『スカーレット』(NHK)に

戸田恵梨香演じるヒロインの幼馴染・



熊谷照子役でレギュラー出演、

地味なおばさん役を好演して評価を高める。



人物

愛称は、主に「ゆうこ」。

「コリス」と呼ばれたこともあった。




日本人の父親、日本・アメリカの

ハーフの母親の元に生まれたクォーター。



小学校卒業後、神奈川県横浜市から

栃木県に転居するが、

その直後に両親が離婚して、



自身は父親のほうに付いて

父子家庭で育つ。

母親とは高校時代に再会した。




座右の銘は高校時代の

恩師の言葉である「十人十色、己を信じ精進せよ」。



小学校3、4年生からゆずの

ファンであり、ゆずの地元である

横浜市岡村町にも足を運ぶほどである。



好きな楽曲は「心のままに」、

「傍観者」。



また、北川悠仁は大島の

ファンであることを公言している。



憧れの女優は永作博美。

香川照之の女版になることが目標。


戸田恵梨香とは仲が良く、

連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)で親友役で共演している。



好きな物はスノーボード、スニーカー、爬虫類。



好きなスポーツはサッカー。



ダッフィー集めをしており、

ブログでも度々登場している。



ロップイヤーラビットを飼っている。

名前は「ヒップ」。

嫌いな物は風船。


受賞歴

2011年
第5回ブライダルジュエリープリンセス



BLOG of the year 2011 女性部門



2012年
第6回JAPAN CUTS〜ジャパン・カッツ!「Cut Above Award for Outstanding Debut」



第23回日本ジュエリーベストドレッサー賞 20代部門



2013年
第36回日本アカデミー賞 話題賞(俳優部門) – 『闇金ウシジマくん』



2014年
第39回報知映画賞 助演女優賞 – 『紙の月』




第36回ヨコハマ映画祭 助演女優賞 – 『紙の月』



第38回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞 – 『紙の月』



第24回東京スポーツ映画大賞 助演女優賞 – 『紙の月』



2015年
第85回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞- 『ヤメゴク〜ヤクザやめて頂きます〜』



VOCEベストコスメ年間グランプリ THE BEST BEAUTY OF THE YEAR



2016年
WOWOW 勝手に演劇大賞2015・女優賞 – 『No.9-不滅の旋律-』


「神様のカルテ2021」大島優子さんのプロフィール!まとめ

「神様のカルテ2021」ですが、テレビ東京で、2月15日(月)夜8時にスタートします。


今回は、ドラマ「神様のカルテ」の大島優子さんのプロフィールを紹介します。


大島さんの愛称は、主に「ゆうこ」。

「コリス」と呼ばれたこともあった。




日本人の父親、日本・アメリカの

ハーフの母親の元に生まれたクォーター。



小学校卒業後、神奈川県横浜市から

栃木県に転居するが、

その直後に両親が離婚して、



自身は父親のほうに付いて

父子家庭で育つ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました