「神様のカルテ2021」夏川草介さんの原作、プロデューサー・田辺勇人さんのコメント

神様のカルテ
テレビ東京「神様のカルテ」

「神様のカルテ2021」ですが、夏川草介さんの大切な原作から始まってドラマ作成へと至ったらしいんです。



番組作成を行ったプロデューサー・田辺勇人さんがドラマに対する熱い思いを語ってくれましたので、紹介してきます。



ドラマは2021年2月15日に放送スタートします。



それでは紹介していきますので、お楽しみ下さい。


「神様のカルテ2021」夏川草介さんの原作、見どころ

シリーズ累計330万部を超える夏川先生の大切な原作をお預かりし、



2時間×4話の計8時間というテレビ東京としては前例のない試みで、



ドラマ「神様のカルテ」を制作します。


「神様のカルテ2021」夏川草介さんの原作、ドラマ内容

「神様のカルテ2021」のドラマ内容を紹介して行きます。


普遍的な人間ドラマ

「24時間、365日対応」の地方病院で働く内科医・栗原一止を通して、



地域医療の現実、医師や看護師の苦悩や葛藤、



患者の想いなどを描きながら、



命を見つめる普遍的な人間ドラマを紡ぎます。


ドラマの主演

主演は、テレビ東京初出演で初主演となる福士蒼汰さん。



死に直面した患者と残された家族に寄り添う、古風で風変わりな主人公・栗原一止を演じて頂きます。



医療ドラマのリアリティの中で、

実直で少し寓話的なキャラクターを

演じきれるのは、



優しさや温かい雰囲気の中に

意志の強さを持つ福士さんだと思い、

今回オファーさせて頂きました。



今まで見せたことのない

福士さんの姿にもご注目下さい!

スーパードクターはいない

「神様のカルテ」は天才的な医師が登場して、奇跡的に患者が助かるような医療ドラマではありません。



真摯に“命”と向き合う一止の姿を通して、

視聴者の皆さんの心に悲しみや苦しみ

だけではない確かな希望が残るドラマに

したいと思っています。



これから発表される素敵なキャストや

実力派のスタッフと共に今の時代

だからこそ意味がある、



人の心に寄り添うヒューマン

エンターテインメントを

お届けします。



ぜひご期待下さい!宜しくお願いします。


「神様のカルテ」に登場する全ての人が、

明日を生きる誰かの光になりますように―

「神様のカルテ2021」夏川草介さんの原作、まとめ

いかがでしたでしょうか?


ドラマは2021年2月15日に放送スタートします。


原作者の夏川草介さんは現職の医師です。


「神様のカルテ」は天才的な医師が登場して、奇跡的に患者が助かるような医療ドラマではありません。



関連記事もチェックして下さい。
↓↓↓




コメント

タイトルとURLをコピーしました