最愛 第7話  優はなんで釈放されたか?

2021年11月19日(金)で
第7話を迎えたドラマ最愛ですが、
腹違いの弟、優が釈放されます。



実は被害者は、その時はまだ
亡くなっていないことが
わかったんです。

まず第7話のあらすじはこうです。


最愛 第7話 あらすじ

梨央(吉高由里子さん)の前に
現れたしおり(田中みな実さん)は、
真田グループの不正について
追及しています。



話が見えない梨央はその場を
去りますが、しおりが自分や優(高橋文哉さん)のことを
昔から知っていたような口ぶりに違和感を抱いていた。


加瀬(井浦新さん)の尽力によって
昭(酒向芳さん)の死には
関与していないことが証明された優は、
梨央と一緒に暮らすことになります。



さらに、加瀬の言葉で前向きに生きることを
考えるようになり、
新薬の治験を受ける決意をする。




一方、大輝(松下洸平さん)と
桑田(佐久間由衣さん)は、
15年前の事件の捜査から関係者として
浮上したしおりと接触。



15年前のある恨みが昭殺害事件に
つながった可能性があることを掴むが、
しおりには事件当夜のアリバイがあった。




さらに、しおりは真田ウェルネスが経営する
老人ホームに出入りし、真田グループの不正を
執拗に追いかけます。



そんな彼女に対し、
後藤(及川光博さん)は
再び取材をやめさせようとします・・・。



登場人物と登場人物の関係、
過去の事件とは?
↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

私の記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等で紹介してください。

その際には、引用元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼る形で載せてください。

よろしくお願い申し上げます。

楽天おすすめ商品
クライムサスペンス
テレビマニアをフォローする
テレビ連続放送トレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました