北条義時 何をした人?功績は?性格は?「鎌倉殿の13人」

NHK大河ドラマ

北条義時とは何をした人?
その功績は?性格は?



源頼朝(みなもとのよりとも)
活躍の陰に北条氏あり…。



北条氏は源頼朝を陰日向に
支えながら勢力を拡大し、
頼朝のあとを継いで
鎌倉幕府の実権を握る一族です。




北条義時(ほうじょう よしとき)は
父親の北条時政(ほうじょう ときまさ)、
姉の北条政子(ほうじょう まさこ)と



ともに源氏を助けながら
鎌倉幕府の屋台骨を築き、
頼朝亡き後に鎌倉幕府の
実権を握りました。





北条義時が生まれ育った時代〜頼朝の監視

北条義時は北条時政の次男で、
北条政子の弟です。



義時が生まれたとき、
北条家は伊豆の豪族でした。



当時は、政治の実権が
公家から武家へと
移り変わろうとしている
時代です。



平治の乱では皇室・摂関家の
争いに源氏と平氏が
それぞれ力添えをして争い、



平氏が味方に付いた
後白河上皇側が勝利。



源氏の総領であった
源義朝(みなもとのよしとも)は
敗走中に殺害されてしまいます。




他方、北条家は伊豆蛭ヶ島
(いずひるがしま)に
流された源頼朝
(みなもとのよりとも)を
監視する役目を命じられました。




ここから北条一族と源氏の
関わりが始まったとされます。





源頼朝の挙兵

頼朝が平氏を打ち倒すために
挙兵した際、時政、義時親子も
参戦します。



葦屋浦の戦い
(あしやうらのたたかい)では
義時が大活躍したそうです。




北条家は戦に参加するだけでなく、
関東地方の武士の協力を
得られるように働きかけした
とも言われています。



こうして時政、義時親子は
源氏内での地位を
確立していったのです。




頼朝が弟義経を
亡き者にしたあと、
奥州藤原氏を攻略しますが、



そのときも義時が
頼朝の近くに控え、
信頼を得ていたそうです。


13人の合議制の導入と不満

頼朝が征夷大将軍に任じられ
鎌倉幕府をひらき、
ようやく戦乱の世に



終わりが告げられると
思った矢先、
頼朝が急死してしまいます。




頼朝が死んだ後、
源頼家(みなもとのよりいえ)
という子どもが二代将軍として
家督を継ぎました。



ところが、家臣たちは
頼家の独裁政治を防ぐために、
「13人の合議制」という仕組みを
考え出します。




将軍だけでなく有力な
御家人たちが話し合いで
政治の方向を決めることに
なったのです。



そのなかに、
時政・義時親子の
姿もありました。




13人の御家人たちは
決して仲が良かったわけでは
ありません。



たとえば、
二代将軍頼家に娘を
嫁入りさせていた比企能員
(ひき よしかず)は



北条氏の台頭を
面白く思っていませんでした。




将軍家の権力が、
13人の合議制で
削られてしまうわけ
ですから当然です。




頼家が病気になったことを
きっかけに、頼家の領地を
頼家の子どもたちで



分割することが13人の
合議制で決定されました。



これを知って頼家は
大いに腹を立てます。




そこで頼家は、
妻の父親である比企能員に
時政を征伐するように
命じました。



それを知った義時は
すぐさま比企一族を
討ち滅ぼし、



この際に、頼家の子どもも
殺害してしまいます。



頼家も北条家によって
追放されました。


北条時宗の執権就任と親子の対立

三代将軍についたのは
頼朝の子どもである
源実朝(みなもとの さねとも)です。



義時の父、
時政は政所別当
(まんどころべっとう)に



就任して執権(しっけん)となり、
政治の実権を握りました。




北条氏は比企氏以外の
有力御家人たちの
排除を続けましたが、



とうとう時政と義時親子が
対立するときがやってきます。




時政が三代将軍源実朝を
殺害しようとした際、
義時は実朝側に付き、



北条時政の企てを
阻んだのです。



この出来事により、
時政は失脚。



執権の地位は
義時に移りました。



義時は時政が就いていた
政所別当だけでなく
侍所別当(さむらいどころべっとう)



も兼ねるようになり、
執権としての地位を
確固たるものにします。


承久の乱の勃発

義時が、北条家の地位を
盤石なものにしたのが、
承久の乱(じょうきゅうのらん)です。




頼家も実朝も
暗殺されてしまい、
頼朝直系血族は
絶えてしまいました。



そこで義時は京都の
天皇家から将軍を
迎えようとするのですが、



朝廷の権力拡大を目論む
後鳥羽上皇(ごとばじょうこう)に
これを拒否されてしまいます。




後鳥羽上皇は天皇家の
領地をまとめ、強力な院政を
敷いていたのです。



鎌倉での北条氏の台頭を
恐れた後鳥羽上皇は
義時追討の命令によって



武将に号令をかけ、
討伐軍を結成します。




そこで義時は姉の政子と
協力して、鎌倉幕府の
武士たちを説得。



協力して後鳥羽上皇軍を
打ち破り、関わった
上皇三人を島流しにしました。


執権政治の完成

承久の乱で北条氏が
勝利したことによって、
天皇家の権力は弱体化し、



鎌倉幕府の支配は
全国に及ぶことになります。




以後、鎌倉幕府の将軍は
摂関家や皇室から
迎えられるようになりますが、



どれも形式的な存在で、
鎌倉幕府の実権は
北条氏が握ることになります。




義時は争いに次ぐ争いの
人生のなかで、ついに覇権を
手に入れたのです。




ただ、これらの歴史は
後世に鎌倉幕府の中枢によって
編纂された「吾妻鏡」に
よるものが多く、



争いのきっかけや
経緯については諸説あります。




義時は頼朝から
厚い信頼を寄せられていたと
言われています。


源頼朝の言葉

頼朝は義時のことを
「他日必ず子孫の補佐たらん」
「義時を持って家臣の最となす」



と称していたとも
伝えられています。




「他日必ず子孫の補佐たらん」
というのは、



「いつか必ず私の子孫の補佐になるであろう」
という意味です。




北条一族は執権として
鎌倉幕府を支えることに
なるのですから、



頼朝の予想は的中したとも
言えます。



北条義時の性格

頼朝に信頼されていた
義時はどのような
性格だったのでしょうか。




今から1000年近くも前に
生きた人物の性格は、
残された文書などから
推測するしかありません。



すると見えてくるのは、
義時の時流の見る目の鋭さです。




義時は常に「勝ち馬」を
当てています。



源氏と平氏の争いの際は、
不利だと思われていた
源氏に付きます。



また、鎌倉幕府内に
権力争いがあった際も、
強い側に付きました。




頼家でなく実朝を
選んでもいたし、
父親が実朝を



殺害しようとしたときは
父親を排除しています。



家族でも主君でもなく、
強きを見極め、
地位を確立していったのです。




そこには、時流を見る目に加えて、
冷静な判断力、
そして選んだ側を必ず
「勝ち馬」にすることができる



実力と強い意志が
あったと思われます。


北条義時から学ぶ臨機応変の大切さ【学び】

義時は父である時政とともに、
伊豆の豪族から武家の
頂点にまで成り上がった人物です。




義時の人生からの学びは
臨機応変に行動することの
大切さではないでしょうか。



義時は固定観念にとらわれずに
選択し続けることで、
鎌倉幕府での権力を握りました。




また、自らの勢力を拡大、
維持するために、
ときには主家に刃を向け、
父親とも対立をしました。



その善悪には、
敢えてここでは触れません。



ただ、明治時代には
目上の人間を監視したり、
追放したりした義時に対して、



「大悪人」というイメージを
多くの人が持っていました。



しかし、近年の研究で、
一方的な悪人という
イメージだけで捉えきれない



義時の人物像も
見えてきています。




注目すべき点は、
義時の臨機応変ぶりです。



次々と直面する危機、
状況の変化に対して、
彼は冷静に自分がとるべき行動を
判断し、生き残りました。




義時が生きた時代は
サバイバルの時代。



現代とは単純に
比較できませんが、
義時の生き方は現代の
社会生活にも応用できるはずです。




困ったとき、
ピンチに陥ったときは、
自分の固定概念に



とらわれて判断を
狭めるのではなく、



広い視野を持って柔軟に
判断すると、よりよい結果が
得られるかもしれません。


北条義時の墓(法華堂跡)に行ってみよう

義時は承久の乱の3年後に
持病が悪化して
急死してしまいます。



義時が眠っていると
考えられているのは法華堂跡。




今は更地となって
建物は残っていませんが、
当時は法華堂が建っていたようです。




長らく義時の法華堂の位置は
わかっていませんでしたが、



2005年に行われた発掘調査で
法華堂の遺構が確認され、
義時のものであるとされています。




ちなみに、義時の法華堂跡の西側には
頼朝の法華堂も位置しています。



『吾妻鏡』には、
頼朝の法華堂の東に
北条義時の法華堂が
建てられたと記録があります。



アクセス

名 称:法華堂跡(源頼朝・北条義時墓)



住 所:神奈川県鎌倉市西御門2丁目5−7





楽天おすすめ商品
NHK大河ドラマ
テレビマニアをフォローする
テレビ連続放送トレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました