連続テレビ小説「エール」のキャスト!祐一の幼馴染が将来、祐一を助けることになる!?

yellエール

連続テレビ小説「エール」のキャスト!祐一の幼馴染が将来祐一を助けることになる!?を紹介しますね。主人公の祐一は幼少期には幼馴染に結構イジメられるんです。ですが、祐一の将来に多大な影響を及ぼすんですね。ってことはどんな人脈でも活用した方が得ってことですかね!?

それでは、連続ドラマ小説「エール」のキャストを紹介して行きますね!

  1. 連続テレビ小説「エール」のキャスト、福島/古山家
    1. 唐沢寿明(役:古山三郎)
    2. 菊池桃子(役:古山まさ)
    3. 風間杜夫(役:権藤 茂兵衛)
    4. 佐久本宝(役:古山浩二)
    5. 森山周一郎(役:権藤源蔵)
    6. 三田和代(役:権藤八重)
  2. 裕一の幼なじみ・恩師
    1. 中村蒼(役:村野鉄男)
    2. 山崎育三郎(役:佐藤久志)
    3. 森山直太朗(役:藤堂清晴)
  3. 連続テレビ小説「エール」のキャスト、呉服屋「喜多一」
    1. 菅原大吉(役:大河原隆彦)
    2. 清水 伸(役:桑田博人)
    3. 田中偉登たけと(役:及川志津雄)
  4. 連続テレビ小説「エール」のキャスト、豊橋/関内家
    1. 薬師丸ひろ子(役:関内光子)
    2. 光石 研(役:関内安隆)
    3. 松井玲奈れな(役:関内吟)
    4. 森七菜なな(役:関内梅)
  5. 連続テレビ小説「エール」のキャスト、川俣の人々
    1. 相島一之(役:落合吾郎)
    2. 松尾諭(役:鈴木廉平)
    3. 堀内敬子(役:菊池昌子)
    4. 望月歩(役:松坂寛太)
    5. 堀田真由(役:志津)
  6. 連続テレビ小説「エール」のキャスト、音をとりまく人々
    1. 柴咲コウ(役:双浦 環)(ふたうら・たまき)
    2. 吉原光夫(役:岩城新平)(いわき・しんぺい)
    3. 平田満みつる(役:打越金助)(うちこし・きんすけ)
    4. 古川雄大ゆうた(役:御手洗清太郎)(みたらい・きよたろう)
  7. 連続テレビ小説「エール」のキャスト、東京編/コロンブスレコード
    1. 志村けん(役:小山田耕三)(おやまだ こうぞう)
    2. 古田新太(役:廿日市誉)(はつかいち ほまれ)
    3. 野田洋次郎(役:木枯正人)(こがらし まさと)
    4. 加弥乃(役:杉山あかね)(すぎやま あかね)
  8. 連続テレビ小説「エール」のキャスト、東京編/喫茶「バンブー」
    1. 野間口徹(役:梶取保)(かとり たもつ)
    2. 仲里依紗(役:梶取恵)(かとり めぐみ)
  9. 連続テレビ小説「エール」のキャスト、東京編/裕一と音を取り巻く人々
    1. 小南こみなみ満佑子まゆこ(役:夏目千鶴子)(なつめ ちづこ)
    2. 三浦貴大(役:田中隆)(たなか たかし)
    3. 井上希美(役:藤丸)
    4. 柿澤勇人(役:山藤太郎)(やまふじ たろう)
    5. 入山法子(役:希穂子)
  10. まとめ

連続テレビ小説「エール」のキャスト、福島/古山家

祐一の実家、福島の古山家の人々を紹介して行きますね!

唐沢寿明(役:古山三郎)

裕一の父。福島の老舗呉服屋「喜多一」4代目店主。長兄と次兄が相次いで亡くなったため、三男でありながら店を継ぐことになった。子どもたちには自分の信じた道を歩んでほしいと願っている。

菊池桃子(役:古山まさ)

裕一の母。織物業が盛んな川俣町で生まれる。実兄からの養子要請と夫の息子を応援したい気持ちとの間で挟み撃ちに遭ってしまう。

風間杜夫(役:権藤 茂兵衛)

裕一の伯父でまさの兄。川俣町にある銀行を運営している実業家。子宝に恵まれず、裕一か浩二のどちらかを養子に迎えたいと熱望している。

佐久本宝(役:古山浩二)

裕一の弟。責任感が強く、上京する兄の裕一に反発しながらも、経営が傾いた「喜多一」を立て直すために奮闘する。

森山周一郎(役:権藤源蔵)

裕一の母方の祖父。いくつもの会社を経営。福島でも有数の資産家。息子の茂兵衛たち夫婦に子供がおらず、跡取りの問題に焦っている。

三田和代(役:権藤八重)

裕一の母方の祖母。権藤家の存続を第一に考えて、裕一を養子にと望む。

裕一の幼なじみ・恩師

次に祐一の幼なじみと恩師を紹介して行きますね!

中村蒼(役:村野鉄男)

魚屋「魚治(うおはる)」の長男。けんかっ早い性格であるが、詩を作ることが得意。のちに作詞家となり、裕一や久志とともに「福島三羽ガラス」と呼ばれるようになる。※子ども時代は込江大牙(こみえ・たいが)が演じる。

山崎育三郎(役:佐藤久志)

県議会議員の息子で裕一の小学校時代の同級生。音が入学した東京帝国音楽学校の上級生として裕一と再会。プロ並みの歌唱力と表現力で女生徒たちから「プリンス」と呼ばれる。のちに歌手となり、裕一の作った曲を唄うことで好評を博すことになる。古関裕而の親友で歌手の伊藤久男がモデル。※子ども時代は山口太幹(やまぐち・たいき)が演じる。

森山直太朗(役:藤堂清晴)

裕一の小学校時代の担任。裕一の音楽的才能をいち早く見抜き、裕一が成人してからも良き相談相手として、裕一を応援する。

連続テレビ小説「エール」のキャスト、呉服屋「喜多一」

菅原大吉(役:大河原隆彦)

呉服屋「喜多一」の番頭。三郎が店を継ぐ前から喜多一で働き、商売のことを一番よく知っている。三郎を助け喜多一をもり立てようとする。そして三郎より浩二の方が商才があると気づき、浩二に店を任せるように進言する。

清水 伸(役:桑田博人)

喜多一の呉服職人として、店の品物の品質管理を任されている。三郎の経営に不安を抱き、店の将来を心配する。

田中偉登たけと(役:及川志津雄)

喜多一の店員。三郎のあと店を誰が継ぐことになるのか、気にしている。貧しい自分に比べて恵まれた裕一が、さらに夢を求めることが許せない。

連続テレビ小説「エール」のキャスト、豊橋/関内家

薬師丸ひろ子(役:関内光子)

関内音(二階堂ふみ)の母。新しい時代に、女性もしっかり自立すべきと考え、三人の娘たちにはそれぞれ好きな道を歩ませたいと考えている。音の裕一への気持ちを知ると、音が傷つくことを恐れて最初は交際に反対する。

光石 研(役:関内安隆)

音の父。主に軍に納品する馬具を製造販売する会社を経営。陸軍獣医の頃、戦争でロシアに赴き多くの人命を救えなかったことを悔やんでいる。娘たちにとっては優しい良き父親。音楽好きで、娘たちにいろいろな楽器を習わせる。

松井玲奈れな(役:関内吟)

音の姉。おしゃれ好き。すてきな男性と出会って幸せな家庭を作ることが夢。結婚相手を探すために音楽学校を受験する音とともに東京へ行く。

※子ども時代は本間叶愛(ほんま・といと)が演じる。

森七菜なな(役:関内梅)

音の妹。現実主義でしっかり者。文通だけで裕一へ夢中になった音に現実を見るように指摘。文学好き。将来は小説家になることを夢見て、懸賞小説に応募したいが作品を最後まで書けないのが悩み。

※子ども時代は新津ちせ(にいつ・ちせ)が演じる。

連続テレビ小説「エール」のキャスト、川俣の人々

相島一之(役:落合吾郎)

川俣銀行の支店長。面倒見が良い。裕一のことを気にかけて音楽の道へと後押しする。

松尾諭(役:鈴木廉平)

川俣銀行の行員。奥手な裕一をダンスホールに連れて行く。

堀内敬子(役:菊池昌子)

川俣銀行の事務員。離婚歴3回の恋多き女性。踊り子に恋した裕一に恋愛指南する。

望月歩(役:松坂寛太)

川俣銀行の行員。出世が目標で、未来の頭取とウワサの裕一にごまをする。

堀田真由(役:志津)

ダンスホールで一番人気の踊り子。自分から声をかけて裕一をダンスに誘う。裕一に交際を申し込まれる。

連続テレビ小説「エール」のキャスト、音をとりまく人々

柴咲コウ(役:双浦 環)(ふたうら・たまき)

世界的に活躍するオペラ歌手で、音がプロの歌手を目指すきっかけとなる人物。大正12(1923)年秋、11歳の音(清水香帆)は、豊橋の教会で出会ったオペラ歌手・双浦 環の歌声に心ひかれる。この出会いがきっかけで、音はプロの歌手を目指すことになる。月日はすぎ、昭和7(1932)年1月、東京の音楽学校で音(二階堂ふみ)は特別講師の双浦環と再会。 環は音がプリマドンナに応募した記念公演の審査員も務める。

吉原光夫(役:岩城新平)(いわき・しんぺい)

関内家が営む馬具店の職人頭。音も恐れるほどの強面(こわもて)だが、職人としての腕は一流。

平田満みつる(役:打越金助)(うちこし・きんすけ)

軍関係に物品を納入している業者で、安隆の商売にも協力している。しかし、あることがきっかけで契約を打ち切ろうとする。

古川雄大ゆうた(役:御手洗清太郎)(みたらい・きよたろう)

音の歌の先生。音楽を学ぶため、ドイツに留学した経験がある。裕一の作曲コンクール入賞を報じた新聞を御手洗が音に見せた。そのことがきっかけで裕一と音の文通が始まった。

連続テレビ小説「エール」のキャスト、東京編/コロンブスレコード

志村けん(役:小山田耕三)(おやまだ こうぞう)

日本を代表する作曲家。 「赤とんぼ」で有名な山田耕筰がモデル。*第5週の2020年5月1日放送回から登場予定。逝去された志村けんさんの収録済みシーンはそのまま放送し、その後も代役を立てない方針。

※小山田耕三を演じる志村けんさんは、2019年12月から撮影に入り3月6日まで撮影。10週分は撮影(2020.3.29時点)したが、復帰は次回の撮影を5月に遅らせてギリギリまで待つ予定。スポニチより
・小山田耕三は童謡の「赤とんぼ」などを作曲した山田耕筰さんがモデル。サンスポより
・代役を立てないよう「台本変更」と報道、志村けんさんの初登場は2020年5月1日。出典スポニチ

古田新太(役:廿日市誉)(はつかいち ほまれ)

コロンブスレコードのディレクター。音楽界の大御所の小山田耕三の推薦で裕一と専属契約を結ぶが、曲を書けない裕一をお荷物扱いする。

野田洋次郎(役:木枯正人)(こがらし まさと)

作曲家。裕一と同時期にコロンブスレコードと専属契約。時間を見つけては、時折行きつけのカフェでギターの弾き語りをしている。裕一より先にヒット曲を出すが、常に裕一をリスペクトしている。

加弥乃(役:杉山あかね)(すぎやま あかね)

コロンブスレコードの秘書。音楽についての高い見識を備えていて、廿日市の良きアドバイザーとなっている。

連続テレビ小説「エール」のキャスト、東京編/喫茶「バンブー」

野間口徹(役:梶取保)(かとり たもつ)

喫茶「バンブー」のオーナー。妻の恵と経営している。裕一と音の新居が店の裏手にあり、2人を温かく見守る。裕一が体調不良のときは音に代わって付き添うことも。

仲里依紗(役:梶取恵)(かとり めぐみ)

保の妻。喫茶「バンブー」を保とともに切り盛りしている。裕一と音に見せの裏の家を紹介。真偽不明の昔話を語ることもある。

連続テレビ小説「エール」のキャスト、東京編/裕一と音を取り巻く人々

小南こみなみ満佑子まゆこ(役:夏目千鶴子)(なつめ ちづこ)

東京帝国音楽学校声楽科の生徒。音の同級生。帝国コンクールの金賞を最年少で受賞した実績がある。創立記念日に開かれる記念講演で主役の座を音と争う。

三浦貴大(役:田中隆)(たなか たかし)

早稲田大学応援部の五代目団長。名前や実績より人の縁を信じる。早稲田大学野球部の応援に命を懸けていて、早慶戦に勝つための新しい応援歌の作曲を無名の裕一に依頼する。

井上希美(役:藤丸)

裕一作曲の「船頭可愛や」を唄う歌手。げた屋の娘であるが、芸者として歌手デビューする。実在の歌手の音丸がモデル。

柿澤勇人(役:山藤太郎)(やまふじ たろう)

コロンブスレコード所属の歌手。慶應義塾大学出身で、生活のために流行歌を唄う。歌手であり作曲家でもある藤山一郎がモデル。

入山法子(役:希穂子)

音が社会勉強のために働き始めたカフェーの女給。貧しい家の生まれで、病気の親を抱えている。以前は福島の料亭で仲居として働いていた。

まとめ

連続テレビ小説「エール」のキャスト!祐一の幼馴染が将来祐一を助けることになる!?を紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

連続テレビ小説はストーリーがしかっりしていていますから、キャストの数も半端ないですよね!

これが連続テレビ小説が大人気になる理由なんですね!

この先も連続テレビ小説「エール」を見て下さいね!

最後までお付き合い頂きまして、感謝申し上げますm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました