ミステリーというなかれ ばちあたり

ばちあたり夜話(4巻 episode6)

爆弾事件の後、池本巡査に半ば強制的に
検査入院をさせられた久能整。

犬堂我路から送られてきた
謎の指輪に頭を悩ませていると、
いないと思っていた隣のベッドに
人がいたことに気が付く。

元刑事だというその男、
牛田悟郎はいくつかの話をした後に、
連続殺人犯羽喰玄斗に
狙われているという女性を
保護しに向かった時の話を語り始める。

着替えに戻ったせいで遅れて、
相棒は重傷、女性は亡くなってしまったという。

片腕が動かなくなった相棒は
刑事を辞めて、警備会社に入ったらしい。

その話を聞き終えた久能は
1つの疑問を提示した。

女性を相棒である霜鳥信次が
殺害していたというケースに対する言及である。

牛田もそれには気が付いていたようで、
もう長くない命でその証拠を
墓まで持っていくか否か悩んでいたという。

翌朝、隣のベッドには牛田はいなかった。
牛田は昨日の朝に亡くなっていたという。

その空いた牛田のベッドに
見舞いに来た男がいた。
相棒であった霜鳥である。

これは怖い話でした・・・
↓↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

私の記事を気に入っていただけた場合は、ぜひ貴方様のサイト等で紹介してください。

その際には、引用元としてサイト名もしくはサイトURLにリンクを貼る形で載せてください。

よろしくお願い申し上げます。

楽天おすすめ商品
クライムサスペンス
テレビマニアをフォローする
テレビ連続放送トレンド

コメント

タイトルとURLをコピーしました